Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pinpoint/yumetobiranetwork.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

 完璧主義を手放そう

 
 
 毎日ワクワク上昇中!林田雅則です。
 
 
おもしろい概念を学んだのでシェアします。
 
 
 
 
 
 
たとえば仕事で失敗をしたとき。
 
 
「やってしまった、失敗なんてありえない」と、

 
現実を受け入れないのか、それとも
 
 
「誰しも必ず失敗はあるのだから、これを成功に繋げよう」
 
 
現実を素直に受け入れるのか。
 
 
 
 
 
 
前者を完璧主義といい、後者を最善主義といいます。
 
 
完璧主義者は常に失敗を恐れ、時には不安に苛まれることもあります。
 
 
一方、最善主義者は現実を素直に受け入れ、成功に繋がる過程と捉えます。
 
 
 
 
 
 
仕事やビジネスに限らず人生ではどんな分野においても、必ず失敗はつきものです。
 
 
ポジティブ思考やプラス思考のほうが良いと言われますが、
 
 
人間の感情なので、現実世界では必ずネガティブなことは起きます。
 
 
 
 
 
 
 
無理矢理ポジティブ思考にしようとしても、現実とのギャップに苦しむだけです。
 
 
なので、現実を素直に受け入れる考え方を身につけることも必要です。
 
 
最善主義という概念を意識しておくだけでも、現実を受け入れるきっかけになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
最善主義を身につけるには、
 
 
自分の行動を書き出してみると、よいです。
 
 
書き出すことによって、その分野に遭遇したときに意識をします。
 
 
 
 
 
 
私の場合は、たとえばこのブログ。
 
 
誤字や脱字に気が付かない事が多く、改行は一定に保とうとします。
 
 
どういうことかというと、
 
 
パット見。
 
 
まず、体裁を完璧にしようとする傾向にあります。
 
 
 
 
 
 
文章に限らず、自分自身の「パッと見た目」も
 
 
気にしているということが分かりました。
 
 
これは大発見ですw
 
 
微差力を意識しなければ。
 
 
 
 
 
このように、普段の生活において書き出してみることで
 
 
自分が無意識にやっていることが見えてきます。 
 
 
その中で完璧主義を手放せる部分も見えてきます。
 
 
 
 
 
 
完璧主義を手放すと言っても、手を抜くという意味ではなく
 
 
もし、失敗などが起きても現実を素直に受け入れることが大切です。
 
 
 
 
 
 
そしてもっと面白いことを学びました。

完璧主義者は失敗や、ネガティブな感情などを受け入れません。
 
 
つまり、現実を受け入れない傾向にあるので
 
 
 
 
 
 
成功さえも受け入れません。
 
 
 
 
 
 
この考え方には驚きました。しかし当然といえば当然です。
 
 
成功も失敗も単なる事象。現実にすぎないからです。
 
 
成功を受け入れるには

 

 

 

脱・完璧主義
 
 
 
 
 
 
今日の学びのシェアでした(^o^)

 

 

 
 
 
 
 
 

Pocket
LINEで送る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。